eFaxのレビュー|実際に受信した結果を画像付きで詳しく検証

eFaxの実際の受信結果を詳しくレビュー

世界で広く使われているeFaxは、インターネット時代にふさわしいクラウド型のFAX送受信サービスです。
eFaxがあれば、FAX機器や電話回線にしばられることなく、PCやスマホから気軽にFAX送受信することが可能になります。

eFaxレビュー

 

eFaxでFAX受信した場合、実際にどれくらい時間がかかるのか、どの程度キレイに受信できるのか、気になるところですよね。
この記事では実際にeFaxを使ってサンプル文書を受信してみて、受信にかかった時間と、実際の受信結果を公開し、詳しくレビューしていきます。
eFaxがどの程度の実力なのか興味をお持ちの方は、是非一度ご覧ください。

 

今回の検証を行った環境について

今回のeFax送信テストは以下のような環境で行いました。

 

PC側で使用するメールソフト:Gmail

 

使用するFAX機:Panasonic KX-PD603-W
検証に使ったFAX機

 

サンプル文書ファイル:Wordファイル(A4×1枚/22KB)
         ↓↓↓
元の文書ファイル
       拡大画像はコチラ

 

FAX機からの送信をEmailで受信した結果(普通画質)

受信テスト@タイトル

eFaxを使って、FAX機からのサンプル文書送信をEmailで受信した結果、受信に要した時間は以下のようになりました。
こちらはFAX機の送信画質設定を通常画質にした場合の結果です。

 

送信開始から完了までの所要時間(5回の平均値)

送受信ステップ 所要時間
@送信ボタンを押してから通信が始まるまでの時間 11.4秒
A実際にサンプル文書の送受信にかかる時間 51.2秒
B送信終了後に受信通知メールが届くまでの時間 19.0秒
所要時間合計 81.6秒

@は、FAX機側で原稿をセットし、送信ボタンを押した瞬間から、eFaxサーバとの通信が始まるまでの平均時間です。
変動幅は11〜12秒の範囲内で、安定して通信が始まりました。

 

Aは実際にA4×1枚のWord文書(サンプル文書)のデータ転送にかかった時間です。
FAX機の送信画質設定を普通にしていたためか、最初の送信テスト時に比べて通信時間が短縮され、51秒前後となりました。
こちらも純粋にデータ量に依存するようで、何度やってもほとんど時間は変わりませんでした。

 

BはFAX機とのやりとりが完了した後に、FAX受信通知のメールが届くまでの時間です。
平均19秒と、最初の送信テストに比べると、少し待たされる感じでした。

 

そして、実際にEmailに届いたサンプル文書の画像がこちらです。
         ↓↓↓
受信テスト結果画像_普通画質
       拡大画像はコチラ

 

ご覧になると分かりますが、文字や罫線はキチンと読めるレベルで受信できていますが、オリジナルのWordファイルや、送信テストの結果に比べると、全体的に粗い印象があります。

 

こちらの場合は、A4用紙に印字されたものをFAX機で読み取らせて送信しますので、最初のステップでアナログ情報→デジタル情報への変換がされています。

 

そのため、どうしてもFAX機のスキャナー性能に依存するかたちで、最初の読み取りデータのクオリティが決定されてしまい、以後のデジタル転送のプロセスでは補正できません。

 

ただこれは、安価な家庭用FAX機を送信側に使った場合の検証結果ですので、実際にビジネスの現場で使われるようなコピー/FAX兼用機等との通信であれば、画質はもう少し向上すると思います。

 

FAX機からの送信をEmailで受信した結果(写真画質)

受信テストAタイトル

普通画質でFAX機から送信した場合の受信結果がやや粗いものでしたので、こちらではFAX機の送信画質を最高画質(写真画質)に設定して再度検証してみました。
FAX機から最高画質設定で送信したサンプル文書をEmailで受信した結果、受信に要した時間は以下のようになりました。

 

送信開始から完了までの所要時間(5回の平均値)

送受信ステップ 所要時間
@送信ボタンを押してから通信が始まるまでの時間 11.0秒
A実際にサンプル文書の送受信にかかる時間 83.4秒
B送信終了後に受信通知メールが届くまでの時間 14.8秒
所要時間合計 109.2秒

@については、先程の普通画質での結果とほぼ同じです。

 

Aは実際にA4×1枚のWord文書(サンプル文書)のデータ転送にかかった時間ですが、
FAX機の送信画質設定を最高画質(写真画質)にしていたため、普通画質の受信テスト時に比べて通信時間が長くなり、83〜84秒となりました。

 

Bについては、普通画質での結果よりやや改善されていますが、これはFAX機の画質設定の問題というよりは、単純にメールサーバ側のタイムラグの問題だと思われます。
普通画質のときは13〜22秒、最高画質のときは10〜25秒と、いずれもややムラがありますが、30秒以内には必ず受信通知が届きましたので、それほど気にはならないと思います。。

 

そして、実際にEmailに届いたサンプル文書の画像がこちらです。
         ↓↓↓
受信テスト結果画像_写真画質
       拡大画像はコチラ

 

ご覧になると分かりますが、文字・罫線ともに、普通画質のときに比べて非常にキレイに受信できています。
家庭用FAX機からの送信であっても、最高画質にすればかなりキレイに受信できることが分かりました。

 

実際にeFaxを使った送受信結果の検証(送信編)をもう一度見たい方はこちらをご覧ください。→eFaxの送信結果レビュー

 

eFaxに関する関連記事はこちら

 

eFaxは評判が悪い?|ネットの口コミで見られた悪評について運営会社に聞き込み取材しました

page top